健康的な腸内

食生活の乱れが腸内環境を悪くします

現在日本では肉類を多く食べるようになったことは、和食中心だった日本人にとって大きな変化と言えます。 肉類は、腸内の悪玉菌のえさとなりやすく、食べ過ぎれば腸内環境の悪化につながります。悪玉菌が増えると、便秘や肌荒れにつながったり、生活習慣病の原因になったりします。 現代人は加工食品やファストフードなどが身近にあり、肉を食べる機会が増えがちです。肉は私たちにとって重要なエネルギー源ではありますが、食べ過ぎには注意が必要です。 腸内環境を整えるには、肉食を減らし、食物繊維を多く含む野菜を食べることが有効です。また、発酵食品にも腸内の善玉菌を増やす作用があります。 食生活を改善することが、腸内環境を整えることにつながります。

発酵食品で腸をきれいにしましょう

腸内環境の改善に効果的な食べ物は、発酵食品です。発酵食品といえば、ヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、漬物などが挙げられます。発酵食品には乳酸菌が含まれ、これが腸の善玉菌のえさとなり、腸内環境を整える効果があるとされています。善玉菌が増えることで便秘解消や美肌につながり、健康にも寄与することでしょう。 乳酸菌は二種類に分けることができます。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズに含まれています。動物性乳酸菌は、消化液に弱いという特性があります。乳酸菌が生きたまま腸まで届きにくいのです。気まぐれで食べるのではなく、日々継続して摂取すると効果が望めるでしょう。 一方、植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きやすいと言われています。植物性乳酸菌が含まれる食品は、納豆やぬか漬けなどの漬物が代表的です。和食に取り入れやすい発酵食品が多いです。 肉類の摂取を控えめにして、和食中心を心掛ければ、腸内環境を整えることにつながるでしょう。